PC

仕事がはかどる

ビジネスチャットを導入することによって、仕事がはかどることがあります。また、社内の連絡がスムーズにいくようになることもあり、有効的です。社内の交流を深めたり、何かと便利に使いこなせたりするので重宝することでしょう。

詳しく見る

オフィス

楽に作れる

マニュアル作成を簡単に行うためには、それ用のツールを活用してみるといいでしょう。ただし、いろいろあるので、使いやすくて分かりやすいものを選択しなくてはなりません。実績や評判を参考に便利なツールを選んでみましょう。

詳しく見る

吹き出し

顧客対応に使える

顧客とのやりとりをスムーズにするためには、チャットシステムを導入するといいかもしれません。しかも、24時間365日対応可能なものであれば、顧客にとってかなり便利なツールとなることでしょう。問い合わせの多い企業にお勧めです。

詳しく見る

男女

SNSを使う感覚で

仕事上のコミュニケーション手段の代表格はメールですが、複数人とのやり取りには向かない面も持っています。その悩みを解決するのはビジネスチャットです。高いスキルは不要で、SNSを使う感覚で向き合えるものです。

詳しく見る

パソコン操作

簡単なものを使う

マニュアル作成をするためには、便利なツールを使った方が楽です。ただし、いろいろなツールがあるので使いやすくて便利なものを活用しましょう。それには内容を調べてみたり、評判を調べてみたりするといいかもしれません。

詳しく見る

オンラインでやりとり

PC操作

スマホでも利用可能

現在、オンライン上で商談をしたり、商品を購入するシーンが増えてきています。わざわざ商談をする相手に会いに行ったり、商品を売っている店に足を運んだりする必要がなくなったのが便利ですが、その一方で相手とコミュニケーションを取りづらくなったというデメリットも目立ってきています。例えば、何か不明な点があったり、商品に不備があったりした場合、消費者は質問したくなるものです。オンライン上の取引では、電話をかけてみたり、メールを使って質問するのが一般的になっています。ただ、電話の場合、声だけでコミュニケーションするので、専門用語であったり数字であったりすると聞き取りにくかったり覚えにくいという難点があります。メールの場合、説明したり説明されたりするのがやりやすいですが、どうしてもタイムラグが出てきてしまい、それが消費者にフラストレーションをもたらします。電話のようにリアルタイムでコミュニケーションができ、メールのように文字で説明できるツールとして、チャットに人気が集まるようになっています。ビジネスの場で使われるチャットシステムは様々なタイプがありますが、よく使われているのがAIを用いたチャットシステムです。AIが消費者の投稿した文章を分析して、どのようなタイプの質問であるかを瞬時に判断し、必要な答えを自動的に書き出してくれるので、チャットでの顧客対応は無人でも可能になります。また、AIだけでは答えられない質問であれば、担当者に引き継ぐことができるので安心です。チャットはパソコンだけでなくスマートフォンなどからも投稿できるため、チャットシステムはどのデバイスでも使いやすいものを選ぶことをおすすめします。さらに、顧客情報を流出させないためにもセキュリティがきちんとしたチャットシステムを選ばなければなりません。